RACE

BMCは、最も革新的で最先端なハイパフォーマンスバイクを、現在そして未来の世界チャンピオンたちに供給し、サポートしています。ロードチーム(トラック)、クロスカントリー MTBチーム、トライアスロンチームのそれぞれのチームが世界チャンピオンを輩出しています。

NTT Pro Cycling, photo © GettySport

NTT PRO CYCLING TEAM

2020年、メインスポンサーが親会社へ変更したUCIワールドツアーチーム「NTTプロサイクリング」。
チームは、世界で最も権威のあるワンディ・クラシックやグランドツアーでの活躍をターゲットにしています。
NTTプロサイクリングは、レースに勝つことだけを目標としていません。スポーツ業界全般の技術的発展と自転車を通じた慈善事業にも照準を合わせています。
Qhubeka(クベカ)チャリティーとの関係を通じて、はるかに遠くまで影響力を広げてき、世界に寄与できる最高峰のチームを目指します。
チームが仲間のためにレースで戦う姿、レース以外でも誰かのために動く姿をBMCの社員全員も共感しています。
Teammachine SLR01 DiscとTimemachine Road 01を使用しています。

BMC-Vifit Sport Pro Triathlon Team powered by Uplace, photo © James Mitchell

BMC-Vifit Sport
Pro Triathlon Team
powered by Uplace

BMC-Vifit Sport Pro Triathlon Team powered by Uplaceはグローバルなトライアスロンプロチームです。チーム発足以来、6つの大陸選手権やハワイのIRONMAN世界選手権を含めた約140レースで表彰台に上がり、65レースでの勝利がこのチームの実力を証明しています。常に最高のパフォーマンスを合理的に引き出すため、選手を中心にしたサポートネットワークを構築し、各部門のプロが徹底管理しています。スポーツサプリ会社の「Vifit Sport」と並んで、BMCもメインスポンサーとして参加。
レース機材としてTimemachine 01を、トレーニング機材としてRoadmachine 01を供給しています。

BMC Mountainbike
Racing Team

2014年に絶対王者のジュリアン・アブサロンはFourstrokeでUCI XCOワールドチャンピオンに輝き、BMC Mountainbike Racing Teamは2017年まで5年連続で、チーム総合チャンピオンシップを獲得しています。
現在、チームは次世代の才能ある選手たちが先代たちの意思を受け継ぎ、世界最速のチームになるべく、活躍しています。BMC MTBレーシングチームでは、Teamelite 01とフルサスペンションのFourstroke 01を使用しています。

BMC Ride Crew

BMC Ride Crewはジャンルの垣根を超えた多くのライダーたちで構成されています。ツール・ド・フランス覇者のカデル・エヴァンスを筆頭に、優れたMTBコーチのケルステン・ケグラー、ユニークなフィキシーライダーのパトリック・シーベース、楽しいことが大好きなフリーライダーのルード・メイ、エヴァンスの名アシストでも知られている元アメリカンチャンピオンのジョージ・ヒンカピー、そして、アメリカのフリーライドMTBライダーのKC・ディーン。
これらのメンバーが、世界中でBMCバイクの楽しみ方をアピールしています。世界中の多くのライダーは、自転車に対する情熱を、多様なアンバサダーたちからインスピレーションを受けることでしょう。